2017
06.03

定峰峠からの山伏峠アタック

Category: 自転車
1週間後に富士ヒルを控え、
最終調整をするために秩父へ。

今日は旦那様も一緒なので
車で芦ヶ久保まで行く。



秩父側からの定峰峠は
はじめてなので、
ちょっと楽しみ♪



浮かれる旦那様。

久しぶりの峠だけど、
大丈夫かしら??

まぁ、私は自分のペースで
走りますよ~



初心者向けだから
ゆるゆる上りで楽しいっす。

まるで平坦みたいに
余裕があるのは、
ビンディングのおかげかな。

旦那様はヘロヘロだったから、
だいぶ力が付いてきたのかも。



お昼は秩父のお蕎麦屋さんへ。



今から減量しても意味がないので
がっつり食べますよ~

エネルギー満タン!
ちょっと走り足りないので
旦那様と別行動で山伏峠へ。



どうせ車で回収してもらえるので、
峠のはしご( *´艸`)

めっちゃ気持ち良く走れました。


来週の今頃は富士山。
緊張と不安でいっぱいだけど
とにかく完走を目指します!


Comment:0  Trackback:0
2017
05.26

ひとり現実逃避

Category: 自転車
たぶん病んでるんだと思う。

都内勤務になってから
ビアンキに乗る時間が激減した。

よく分からない衝動に
潰されそうになる。

土曜も日曜も仕事で
ビアンキとの時間がない。

代休を取るほど拘束されないし、
中途半端な時間が無駄にある。

ほんと苦しい。





で。
気が付いたら
秩父に向かっていたw



やっぱり自然が好きだぁぁぁ。



都会より田舎が好きだぁぁぁ。



水を得た魚のように
体が動く。思考が働く。



休むことも大切。
リフレッシュすることの
重要性を再認識した。

仕事人間はダメだ。
不健康でよくない。

そんな言い訳を考えながら、
絶対無事故で帰ることを誓う。

発熱で突発休なのに、
秩父で転ぶ訳にはいかないのだ。
Comment:0  Trackback:0
2017
05.23

今更ですが、ペダルを変えました。

Category: 自転車
ビアンキ納車から1年と3ヶ月。

富士ヒル用に
やっとビンディングペダルを
SPDからSLに変えました。



もともと付けてたやつは
両面カチッとハマるやつ。



新しいやつは片面。
これが、こんなに厄介なものだと
この時の私には知る由もなかった。


外す時の衝撃も凄いけど、
ハマらなかった時の股への衝撃は
とても文章では表現できない。
Comment:0  Trackback:0
2017
05.07

道志道は脱初心者の道。

Category: 自転車
ことの発端はアレだ。

レンタサイクル可能の
グルメライドに参加しよう!
と私が誘ったからだ。

さらに芝桜渋滞の秩父より、
山中湖の方がいいね~
なんて軽々しく言ったからだ。



いつか埼玉から山梨に
ロードバイクで行きたい。

高速道路を使わないので、
八王子から相模湖を抜けて
道志道を走ることになる。

だから道を覚えるためにも
車で連れてきてもらったのだ。



ここは道志道。

なかなかアップダウンがある。
とは言え、秩父の峠より緩いし、
呼吸も富士山よりキツくない。

ロングの上り坂が続くが
ダンシングなら苦しくない。



完全に自分のペースで
道志道を楽しんでいたし、
坂道を噛み締めながら
味わって走っていた。

が。



うーん。。



来ない。。


なんと運転手兼旦那様の姿が
一向に見えないのである。

旦那様の自転車事情として、
・自転車よりバイク派
・平坦しか走ってない
・ダンシングできない
という不安要素ばかりが
頭をかすめる。

一度戻るか?
なんて全く考えず、
ただひたすらに待つ。

大人だし、スマホあるし、
救急車のサイレンも聞こえない。

こんな時はジタバタしても
仕方がない。


数十分後。


ふらふらヨレヨレの旦那様発見!
帰りは下りだから頑張れ!と
励ましながら山中湖へ。



せっかく山梨にいるのに
ランチは何故か、
どさん娘ラーメン。

あっという間に下って、
無事に帰ることができましたとさ。


夫婦の自転車レベルの
差が目に見えた日。

果たして、
旦那様はグルメライドに
着いて来られるのか!?
乞うご期待( *´艸`)
Comment:0  Trackback:0
2017
05.02

みかみけ嫁の長~い一日。後半

Category: 自転車
おはようございます。
みかみけの富士山に上れた方です♪



部屋からの富士山に興奮。
朝から大浴場で平泳ぎ。

全身が筋肉痛だけど、
富士山に上れたから今日は大丈夫だろう。

そんな甘い考えが、
今年最大の恐怖を引き寄せたのだと思う。



富士山の周りはアップダウンが激しく、
下りで引き離され、上りでダンシング、
必死に食らいついていたのだが。

辛い。
富士山よりキツイ。

勾配とかじゃなくて、
集団走行のスピードが
信じられないほど早い。

普段、時速24~26ペースだから
10キロくらいオーバーペースだ。

こんなにギアチェンジしたのも
はじめて。
下りでブレーキ使わないのも
はじめて。

怖い。
体がこわばる。

後ろから手を添えてもらって
集団に追いつくけど、
すぐちぎれてしまう。

なんで、こんなに走れないのか?
自分が情けなくなる。

そして。
フッと意識が飛んだ。

怖い。
息ができない。
体が震える。

で。



回収されましたw

サポートカーって、
素晴らしい。

じゃなくて!!
もう悔しいっす。
ほんと情けないっす。

何が情けないって、
富士ヒルと同じウェアしか
持って行かなかったので、
真冬装備で挑んでしまったこと。

同室の方が心配してくれたのに、
汗だくになるから悪いと思って
ウェアを借りなかったこと。

後から熱中症だと診断された。
当たり前っちゃ、当たり前。

富士ヒルは寒いから冬用ウェア。
山梨は涼しいから長袖なら平気。
と、思い込んでいたのだ。



呼吸が整ってからは
快適な助手席ドライブ。

この道を走っている皆様は
ほんとタフだし憧れる。
私も来年はその一員になりたい。


旦那様に連絡したら、
生きてて良かった、と。

ほんとっす。
1人で遊びに来たのに、
心配かけてすみません。



番外編へ続く。

Comment:0  Trackback:0
back-to-top