2016
05.07

太宰治記念館で思ったこと。青森2016-5

Category: 旅行


大地主である津島さんちの六男
修治君は、1909年に誕生しました。



読書が大好きで
ちょっと腕白な男の子。



芥川君のことが好き過ぎて
ちょっと気持ち悪いですw



とても優秀で作家志望の彼は、
完全なる厨二病でした。

無試験で帝国大学の
仏文科に入ったけれど…
フランス語ぜんぜん分かんなくて、
自分なんか死んじゃえばいい…
って思っちゃったようです。。
もしくは周囲に心配してほしくて、
狂言自殺?しちゃいます。



その数年後、大好きな芥川さんが
亡くなってしまいます。。

しかもガチで狙っていた
芥川賞は、プライベートが
だらしないという理由で落選。
就職活動も失敗します。
ほんと踏んだり蹴ったりです。

また、自分なんか死んじゃえ!
って自暴自棄になって狂言自殺。

厨二病こじらせすぎて
ちょっと残念ですね。。

しばらくして、
もう廃人やめます!宣言をして
美和子ちゃんと結婚します。



女の子が2人…
愛人の子供も含めると、
3人の子宝に恵まれます。



いやぁ~
モテる男は疲れるねぇ~

そして、1948年。
別の愛人と心中。

かまってちゃんかと
思われましたが、
今回は本当にお亡くなりになりました。



作品は素晴らしいかもしれませんが、
こいつ完全に女の敵ですね。
許せん。



私がダンサー時代のことですが、
ダンス講師とか役者さんは
異性を魅了してナンボだ!
と教えられました。

素晴らしく秀でた作品を
書き残すのも同じかなって。

思わねぇからっ!
そんなん通用しねぇからっ!
だらしないことを
正当化してんじゃないよっ!

まじイラっとする。



※太宰治ファンの方へ
あくまでも個人の感想です。
文学作品としては好きなので、
どうか誤解しませんように。
Comment:0  Trackback:0
2016
05.07

念願の恐山。青森2016-4

Category: 旅行
日本三大霊場とは?
比叡山・高野山・恐山である。



学生の頃、民俗学の講義で
イタコの口寄せを知ってから、
国内で一番行きたかった場所かもしれない。

誰かに会いたいとか、
誰かを呼び出したいとか、
そんな大層な理由はない。

この世とあの世を繋ぐ
生身の人間が気になったし、
私でもなれるのかな?と
巫女バイトくらいに考えていた。



恐山への道は、
はまなすラインと呼ばれる一本道。

イタコの予約が殺到するお盆は
大混雑するので、絶対に行きたくない。



そして、15年の時を経て
とうとう恐山にやってきた。


むせ返るような硫黄の臭い。
強風が手伝って目が染みる。



雨雲に覆われた空が
デフォルトのようだ。



無駄に回る風車。





超こぇぇぇ(。-_-。)



超さみぃぃぃ(。-_-。)



超くせぇぇぇ(。-_-。)



しかも途中から頭痛がっ!

憑いたのか!?
なんかいるのか!?




もう二度と行きたいとか
言わないことを誓います。



感受性が強いから
霊とか感じちゃうのかな??

Comment:0  Trackback:0
2016
05.07

弘前城の桜は有名らしい。青森2016-3

Category: 旅行


城マニアのくせに
実は初めての弘前城。

昨年、曳家と呼ばれる
衝撃的な引っ越しをしたので
とっても興味深いです。
曳家の詳細はコチラ!



さらに、奈良県の吉野山、
長野県の高遠城址公園と
ここ!青森県の弘前城公園は、
日本三大桜の名所でもあります。

毎年、お盆に帰郷するので、
諦めていたのですが。
今回はメインイベント☆


お城と桜のダブルの楽しさで
それはもうウキウキしておりました。

入口で、満開時期を過ぎてしまったので
来年も来てください!と
無料で有効期限なしの
入園券をいただいたのですが。



あぁ。




そういうことね。
現実って、厳しいよね。

まるで落武者ヘアのような貧相な桜に
名所のプライドが許さなかったんだなって。



寒々しい空の下、
プレモルだけが輝いておりました。



一方、屋台や出店のほうは
昭和の香り漂う不思議な空間でした。



オートバイサーカスや
お化け屋敷、ビックリハウスなど
胡散く…ユニークなお店ばかり。

哀愁って言葉を具現化したら
こんな感じかなって。

期待とは違ったけど
想像より斜め上の弘前城。
来れて良かったぁ~♪





Comment:0  Trackback:0
2016
05.07

ぐるなび評価が高過ぎる謎。青森2016-2

Category: 旅行


青森といえば…
りんご。
新鮮な魚。
貝焼き味噌。

郷土料理やB級グルメが
たくさんあるのですが。

いざ食べよう!と思うと
ラーメン激戦区であることに
気が付きます。



透き通った煮干系、
こってり煮干系、
味噌カレー系、
牛乳バター系、
支那そば系など。

二郎インスパイア好きの
私にとっては未知の世界。

煮干ラーメン好きの
旦那様にとっては楽園。
ただし、青森を離れて四半世紀。
オススメは皆無!とのことで
某グルメサイトを頼りに探しましたよ。



※以下コメントは個人の感想ですが、お店の名誉のため、
若干モザイク処理させていただいております。

評価3.67!上位5,000入り!
投稿写真は300枚近くあり、
60件以上の口コミ数を誇る。

さらに、営業時間に関係なく
スープがなくなり次第終了。

これは、なかなかですよね!
そこそこ期待しますよね!
ね!



こってり好きの私は
迷わず、とんこつ煮干を選び~



煮干の香りが充満する店内で
スープを啜ります!



そうきたかっ!
て思いましたよ。



一口で痺れましたね~
あ、悪いほうの意味でw





この味、知っとる!!

これだよ!



これ、入れ過ぎた時の味!

さらに茹ですぎた
うどんみたいな麺に苦戦。
やっこくてダメだ(。-_-。)

どうやっても喉を通らない。。

旦那様に麺をプレゼントして
無料ご飯でお茶を濁す。。

このままでは煮干ラーメンの
印象最悪で終わってしまうので、
名誉挽回のため他の店も調査。



埼玉県では、評価3.50を超えたら
そこそこ万人ウケする美味い店だと
思うんですよね~
たまたま一軒目が外れたのかなって。



おそるおそるスープを啜る。

そっとレンゲを置いて、
真正面を見据え活動停止。

旦那様が、もう君は
食べないほうがいいよって。

克服しようとか、
チャレンジ精神とか、
煮干ラーメンで
発揮しなくていいかなって。

青森では寿司か刺身かなって。



ラーメンは好き嫌いが
分かれるから仕方ないけどさ。

それにしても…
私が青森県民と合わないのか、
優しい人しかいないのか。

某サイトの評価が、
ほんと信じられないし、
踊らされた感ハンパない。
Comment:0  Trackback:0
2016
05.07

青森に行ってきました。青森2016-1

Category: 旅行


旦那様は10連休の
ゴールデンウィーク。

青森いっちゃう!?的なノリで
片道720kmを爆走していただきました。

滞在中は、雨、曇り時々雨、
ところにより雨。
という非常に残念な天気でしたが、
がっつり青森観光してきましたw

まずは青森グルメから。
Comment:0  Trackback:0
back-to-top