2014
08.31

バイクの後ろから

Category: バイク
私の旦那様は基本的に優しい。
いつも落ち着いているし、
感情的な私とは正反対だ。

嫁の私が言うのも変な話だが、
かなり紳士だと思う。

が。

しばらくバイクに乗れないと
なんかイライラしている。

私が支離滅裂なことを言うと
普段なら許してくれるのだが、
こういう時は反論してくる。
正直、めんどくさい。


先月は、私が体調不良で
ほとんどバイクに乗れなかった。

今月も、お盆や天候のせいで
バイクを満喫できていないご様子。

日々の天気予報に振り回され、
雨予報が外れて晴れになると
エンドレスで愚痴る。
これまた、めんどくさい。


そして本日。
早朝ツー予定だったが、寝坊した。
私が。

身体が怠くて眠くて
バイクに乗りたくない気分だったが
仕方あるまい。



午前9時、あしがくぼ到着。

とりあえずココまで来たら
満足だろうと思いきや、どんどん
グレー色の空へ向かって走る。

もう知らん。
走りたいだけ走りんしゃい。



午前10時、モーニング中@HANA

どうやら私にとって
このカフェはパワースポットらしく
だんだん元気になって来た。



甘いものが苦手なくせに
ガトーショコラだけは好物の私。

昼食も夕食もいらないから
ホールで食べたい( *´艸`)

しばしの間、幸福に包まれる。
不思議と天気も晴れてきた。
これで旦那様のストレスも
発散できるだろう。



久しぶりに乗ってみたけど
バイクの後ろも悪くない。

そろそろ高坂PAに着くようだ。




おしまい




Comment:0  Trackback:0
2014
08.15

青森の旅 2014 ~3日目~

Category: 旅行
いざ、恐山!



ご存知の方も多いと思いますが、
わたくし学生時代は史学科に在籍し
日本文化を専攻しておりました。



腐女子にありがちな
ベタベタの江戸幕末にハマる前は
それなりに日本文化を学んでおり
特に文化人類学に興味がありました。



柳田國男氏の『遠野物語』を愛読し
日本民俗学というジャンルに目覚め
中でもイタコの口寄せを知った際は、
「一般人が弟子入りできるのか?」
と、問い合わせをしたほどでした。



特定の死者に会いたい!という
強い願いがあった訳ではなく、
あの頃は、神秘的な世界に対して
強く惹かれるものがあったのです。



そんな憧れのイタコという存在を
一度でいいから確認したい!
という学生時代の情熱も重なり、
今回の旅で恐山を訪れることに
一際、胸をときめかせておりました。



例えるなら、アイドルオタクが
AKBの握手会に参加するような心境と
似ているのかもしれません。







結果。







寝坊しました。

寝坊しました。

寝坊しました。



私の恐山への熱い想いは、
青森の旅 2015年へ
持ち越しとなりました。





つづく



※画像検索より恐山の画像お借りしました。





Comment:2  Trackback:0
2014
08.14

青森の旅 2014 ~2日目~

Category: 旅行
本日のメインイベントは、
世界遺産である白神山地の
十二湖めぐり。

去年のリベンジです。
2013年の様子はコチラから。

今年こそ、
十二湖の青池を見るぞ!
と意気込んできました。



年に一度の山ガール登場!



気合は十分。



よっしゃぁ!
久しぶりのトレッキングスタート!




20分後。



目的地到着。



はい。終了。

駐車場~青池まで
移動距離:1.8km(しかも往復)

トレッキング舐めてんのかっ!
という声が聞こえてきそうですが。

疲れてるんです。
もう一日寝たくらいじゃ
回復できないんです。

山ガールスタイルは
ファッションですから~
騙されないでくださいよ。




さて、本日のランチで訪れたのは
有形文化財@案山子



おお。古民家。



癒されます。



心がほぐれます。



あ。それはビールのおかげでしたw
久々に頂いたランチビール最高。



お蕎麦と卵かけ御飯セット



旦那様の天ざるそば

情緒溢れる古民家で
ゆっくり流れる青森時間。
こういうの好きだなぁ( *´艸`)



さてと、今日の夜はお庭BBQ☆



退院してからというもの
お粥が定番化したり、
食べる量が激減したり、
食ネタに困っていたのですが。



大人数での食事は楽しいですね♪
いつも二人分の食事なので、
同じようなものに偏ったり
品数も少なくて飽きていました。



普段の食事では味わえないもの、
ご当地グルメ、SAのスナック、
車内で食べる眠気覚ましのお菓子など
どれもこれも旅の醍醐味ですね~



恐ろしいほど身体が浮腫み
怠くなりますが(。-_-。)





明日は恐山へ。



つづく
Comment:0  Trackback:0
2014
08.13

青森の旅 2014 ~続1日目~

Category: 旅行
はぁ。どろどろグダグダで
本家みかみけに到着すると…



家族が増えているではないかっ!



めでたいのぅ(≧∇≦)



さて、ここで復習。

私にとって姪っ子のお子様は
又甥・又姪(またおい・まためい)、
姪孫(てっそん)ともいう。
※姪孫は「めい」と書きますが、性別は関係ありません。




赤ちゃん(0歳)を抱っこしたのが
久しぶり過ぎて緊張MAXの私。


自分にも、
このくらいの子供がいても
おかしくないんだよなぁ~
友達はお母さんだもんなぁ~
と考えつつも全く滲みでない母性。

軽く誘拐犯のようです。笑



一方、プリキュアに夢中の姪孫(3歳)



セーラームーン世代では
とても太刀打ちできません。



サリーちゃん世代である
旦那様には、もはや皆無。



それでも姪孫に好かれたい一心で
勉強しましたよ。
試験前日の詰め込み式でね。

まぁ、私くらいのレベルなら
プリキュアオールスターズを
覚えるくらい朝めし前ですが。



苦労したのは旦那様です。

仮にも腐女子である私と
日々生活しているにも関わらず、
漫画・アニメ・コミケ・ゲーム等に
全く汚染されない屈強な精神を持ち
二次元に夢を見ない超現実主義。

そんな彼にとって、プリキュアは
ハードルが高過ぎたのでしょう。



壊れた。



戻ってこーい!





(埼玉県在住 52歳男性 会社員)

本シリーズは、中学生の少女たちが
プリキュアという戦士に変身し戦う
低年齢女児向けの作品である。

その美少女フィギアを重ねて
満足そうに眺めているのが、
うちの旦那である。認めたくはない。


しかしながら、
長時間運転による疲労蓄積
睡眠・運動不足からの倦怠感
わがまま炸裂の嫁の言動等が
彼に相当なダメージを与えていたことを
忘れないで頂きたい。

立場上、彼を擁護しておく。






いつもは、こんなじゃないんです。



つづく

Comment:0  Trackback:0
2014
08.13

青森の旅 2014 ~1日目~

Category: 旅行
皆様、おはようございます。

只今の時刻、午前2時でございます。
早朝と呼ぶには早過ぎる朝。
いざ、故郷である青森へ
みかみけ出動です( ̄^ ̄)ゞ





それにしても、流石お盆ですね。

帰省ラッシュとやらに巻き込まれ
15時間近くドライブを苦しみ…
いえ、楽しみました(´Д` )

なかなか貴重な体験でしたよ。

人は15時間ほど密閉空間で過ごすと
どうなるのか?(適度な休憩を含む)



答え。





壊れる。



ランナーズハイ、
クライマーズハイという言葉同様、
ドライバーズハイに陥ります。
※ちなみにラルクの歌の話ではございません。

その結果、カラオケ定番ソングを
大声で叫びます。決して歌いません。
それは、まるで魂の叫びのようです。

あ。やべぇ。
そろそろ人格崩壊するかも…と、
うっすら危機感を持ち始めた頃、
サービスエリアに立ち寄る。



やはり人は、
土から離れては生きられないのだなと。

分かる人だけ、分かれば良し!



そんな状態を何度か繰り返し
本州最北端、かつ青森県唯一の
サービスエリアである津軽に到着。

今までのドライブが嘘のように
青森の旅を楽しめそうです♪



つづく




Comment:0  Trackback:0
2014
08.03

素敵な土曜日

Category: つぶやき
最近、早起きにハマっています。



早く起きた土曜日。
旦那様と早朝秩父ツーに
行ってきました。



涼しくて快適です。



定峰峠を走っていると~



素敵なカフェを発見\(//∇//)\



昔さ、
まだピュアだった頃。

森の中に、
小さなカフェを
持つことが夢でした。



自分の好きなものだけ。
私の感覚に合う人だけ。
他のものは全て排除する。

そんな小さな空間を求めて
安易に、カフェやりたい!
と思っていたわけです。



それでカフェバイトしてみたけど、
あぁ…現実って難しいなぁって。



私の大好きな映画
かもめ食堂みたいな世界は
現実には存在しないのねって。

諦めてた。
でも、見つけた。
私の理想がココにはあった。



これから、早く起きた朝は
秩父ツーをご提案しよう♪



さてさて~
暑くなる前にツーリング終了。

旦那様には物足りないのでは?
と思っていたのですが、
汗ダクになりたくない!とのこと。
相変わらず女子力高めです。笑



午後になって~



友達のサロンにお邪魔して~
ボディペイントしてもらったり~



某スーパーの屋上で
黄昏てみたり~



入間市民になって4年。



はじめて入間川の花火大会を
まともに楽しみました。



おしまい




Comment:2  Trackback:0
back-to-top