2017
05.22

鎌倉で見たものとは。

Category: つぶやき
とあるメーカーとの打合せのため、
はるばる鎌倉までやって来ました。

内容は兎も角、
何処から見ても汚い壁が…



電気を消して、
ブラックライトにすると…



あら不思議。





ちょっと感動したじゃないか!

あとね。



この中途半端な絵。
私だって描けるよ!
と、思ったんだけど。

ブラックライトにしたら…



こんな感じになって。

さらに。

蓄光ってご存知?
光を蓄えて暗くても光るやつね。
昔、家の電気の紐の先に付いてたやつ。

それがね。



こんな幻想的なの( *´艸`)

何が凄いって、
描き手は透明なインクで描くので、
最後まで完成形が分からん訳です。

凄くない!?



でもさ、
どうせ鎌倉まで来たなら、
観光したかったなぁ…って。

Comment:0  Trackback:0
2017
05.17

ふと気付くと日本橋

Category: つぶやき


平日のさ、お昼とかにさ、
こんなところを移動してたらさ、
あぁ、やっぱり自分は
都内勤務なんだなって、
実感したわけですよ。

東野圭吾の麒麟の翼でさ、
ここがどこか判明したんだけどね。



はぁ…

お江戸は人が多くて、
みんなが焦ってて、
みんなが無関心で、
変な時間が流れてる。

ふぅ…

スマホの電池がヤバくて、
グーグルマップを見ないで歩いてたら
なんだか迷子の予感。



だから都内は嫌なんだよね。

Comment:0  Trackback:0
2017
05.14

長瀞グルメライドに行ってきました。

Category: グルメ
自然豊かな長瀞-皆野方面へ
初心者向けのんびりグルメサイクリング

これなら旦那様も大丈夫だろう。
初心者向けという言葉を信じて、
はじめて夫婦で参加してきました。



まったりゆったりライド。
お天気が良くて、
鶯の鳴き声が美しくて、
ほんと平和です。

集団走行未経験の旦那様も
問題なさそう。



車やバイクとは違う道で
長瀞に向かいました。
こんなルートがあったなんて!
新しい発見があって嬉しいです。



お昼は窯焼き絶品ピザ♪
古民家を改装したそうで、
雰囲気が堪りません。



私の夢は田舎暮らし、
スローライフなので、
とても参考になりました。



みんなで走ると達成感もあって、
単独で走るより楽しかったり、
夫婦で走るより和んだりします。

また参加したいなぁ~


Comment:0  Trackback:0
2017
05.07

道志道は脱初心者の道。

Category: 自転車
ことの発端はアレだ。

レンタサイクル可能の
グルメライドに参加しよう!
と私が誘ったからだ。

さらに芝桜渋滞の秩父より、
山中湖の方がいいね~
なんて軽々しく言ったからだ。



いつか埼玉から山梨に
ロードバイクで行きたい。

高速道路を使わないので、
八王子から相模湖を抜けて
道志道を走ることになる。

だから道を覚えるためにも
車で連れてきてもらったのだ。



ここは道志道。

なかなかアップダウンがある。
とは言え、秩父の峠より緩いし、
呼吸も富士山よりキツくない。

ロングの上り坂が続くが
ダンシングなら苦しくない。



完全に自分のペースで
道志道を楽しんでいたし、
坂道を噛み締めながら
味わって走っていた。

が。



うーん。。



来ない。。


なんと運転手兼旦那様の姿が
一向に見えないのである。

旦那様の自転車事情として、
・自転車よりバイク派
・平坦しか走ってない
・ダンシングできない
という不安要素ばかりが
頭をかすめる。

一度戻るか?
なんて全く考えず、
ただひたすらに待つ。

大人だし、スマホあるし、
救急車のサイレンも聞こえない。

こんな時はジタバタしても
仕方がない。


数十分後。


ふらふらヨレヨレの旦那様発見!
帰りは下りだから頑張れ!と
励ましながら山中湖へ。



せっかく山梨にいるのに
ランチは何故か、
どさん娘ラーメン。

あっという間に下って、
無事に帰ることができましたとさ。


夫婦の自転車レベルの
差が目に見えた日。

果たして、
旦那様はグルメライドに
着いて来られるのか!?
乞うご期待( *´艸`)
Comment:0  Trackback:0
2017
05.05

飯能ぽれぽれさん訪問

Category: バイク
今日はバイクの後ろから。

普段はロードバイクなので、
飯能まで、あっという間です。

何にもやっていないのに、
目的地に着くこと自体が
めちゃくちゃ不思議です。


途中、オープンしたばかりの
レストランを見つけたので~



さっそくリサーチ( *´艸`)



私の大好きな古民家カフェです。
落ち着いた雰囲気、
おしゃれなインテリア、
こだわりの食器類。



今度はランチを食べに行こう♪
Comment:0  Trackback:0
back-to-top